脳梗塞は死のリスクと隣り合わせ【認知症に繋がる原因】

私たちの身近な病気

看護師

脳梗塞は重症度にもよりますが、最悪の場合死に至る病気です。また、その後遺症も恐ろしいものです。しかし、比較的早い段階で発見できれば、予後は全く違うものになります。初期症状が現れた際は、すぐに病院に行き検査することが重要です。

もっと読む

要介護状態の防止策です。

状況に合わせて治療方法を提供してくれます。脳梗塞を専門的に対応している医院はこちら。多くの実績を持っています。

街のお医者さんに相談しよう。世田谷区の内科では咳や花粉症など何でも相談出来る医師が在籍しています。放置せずに診てもらいましょう。

看護師

脳梗塞は加齢による要因で生じるケースが多いですが、高血圧や糖尿病などを患っている人は脳梗塞にかかるリスクも高まるとされています。したがって、脳梗塞の予防には塩分のとりすぎ、高カロリーの食事を控えるなど食生活に気をつけることが必要になってきます。 何より、脳梗塞は後遺症が残りやすい病気とされており、一番多いケースは片麻痺が残ることです。しかし、脳梗塞が原因で認知症になるケースもあります。したがって、要介護状態にならないためにも、しっかり予防することが大切となります。

予防を行うことも大切ですが、脳梗塞の前兆に気付くことも要介護状態にならないためにも大切となってきます。前記で述べたとおり、脳梗塞は血管の詰まりによっても発症するとされていますが、その血管の詰まりが一時的に解消されるケースもあります。その、一時的な詰まりの間に起こる症状をTIA(一過性脳虚血発作)といい、24時間以内に収まるのが特徴です。実際、TIAを発症した2割ほどが脳梗塞に繋がっています。したがって、このTIAという脳梗塞の前兆に気付けるかが、病気の発症もしくはその後の要介護状態を防ぐカギとなってきます。ちなみにTIAの主な症状として、身体の片方に力が入らないもしくは何かしらの異変を感じる、しびれを感じる、ろれつがまわらないなどが挙げられます。少しだけだと問題ないと判断し、病院に行かない人もたくさんいますが、重症化してからでは遅いので、少しでもいつもと違うと感じたら早めに病院へ受診しましょう。

肺腺がんと診断された方はこちらの治療を受けませんか?身体に負担の少ない治療です。一度相談しに行ってみましょう。

安心出来る生活が送れるように予防医療を意識することが大切です。伊丹で小児科に通っておくことによって病気の発見に行き着けます。

異常を感じたら早めに受診

悩み

脳の病気として多く見られる脳腫瘍は、頭痛や吐き気などの症状が見られます。適切な治療を受けるために早めに受診することが大切です。脳腫瘍を発見するためにはMRIを使われることが多くなっており、その際には体の中に金属があると検査出来ないので注意が必要です。

もっと読む

脳は大切な役割をはたす

病院

脳腫瘍になると嘔吐や頭痛や言語障害など、様々な不調が出てきます。早めに専門医を受診することが大切です。脳腫瘍にならないためにも、日頃の食生活を見直すことが大切です。DHAが含まれる青背の魚をたくさん食べて脳に十分な栄養を届けましょう。

もっと読む